治りにくい

ニキビ跡は治りにくいものです。もちろん自然治癒することも可能です。しかし、一度できてしまうと数週間も目立ってしまいます。そのため、少しでも早く薄くしたいと願っている人は少なくありません。そのような人はまず美容クリニックで相談してみるのがい一番です。なぜならば、ニキビは立派な病気の一つであり、治療することが可能だからです。 ただし一言で治療と言ってもいろんな方法があります。 なぜならば、ニキビ跡にはいくつかのタイプがあるからです。そのタイプは大きく3つです。「赤み」と「色素沈着」と「凹み(クレーター)」です。どのタイプも見た目だけでなく、原因も違っています。 治療方法はニキビ跡のタイプに合わせる必要があります。

赤みはニキビの炎症の跡です。そのため、治療では2つあります。1つは抗炎症薬で炎症を抑えます。もう1つは光治療です。赤色を吸収するレーザーを照射することで赤みが消えます。 色素沈着はヘモグロビンとメラニン色素が原因で茶色く変質します。治療では美白剤と美白点滴を用いることが多いです。 凹みは繰り返しニキビが出来ることで真皮組織が破壊されることで起きます。治療では2つあります。1つは真皮組織を回復させるためコラーゲン産生作用を促す方法です。もう1つはコラーゲンやヒアルロン酸などを注射で注入して押し上げることです。 このように、ニキビ跡の治療には症状のタイプによってアプローチが違っています。そのため、ニキビ跡で悩んでいる人はまず自分がどのタイプか知っておく必要があります。