皮膚のたるみが原因

目の下に黒っぽいクマが生じている場合は、皮膚のたるみが原因になっている可能性が高いです。年齢を重ねると皮膚がゆるんでたるんでくるようになります。それに加えて眼球を覆っている脂肪を支えている筋肉の力も衰えてきますので、眼瞼脂肪が下垂して目の下の皮膚のたるみを助長させます。たるんだ皮膚の下には影ができますので、それが黒っぽいクマになってしまいます。従来は、そのクマを治す方法としてたるんだ皮膚や脂肪をメスを用いて切除する方法が採用されるケースが大半でした。しかし、最近は、メスを使わずに治す方法を希望する患者が多くなってきました。いくらクマを治すためとはいえ、顔にメスを入れる方法を簡単に利用する気にはなれないのが当たり前です。そのため、現在ではメスを用いずにクマを治す方法が主流になりつつあります。

目の下に生じているクマをなくしたいと考えているのであれば、美容外科クリニックへ行って相談してみることをおすすめします。目の周りの治療だからという理由で眼科に相談する人がたまにいますが、眼科ではクマ治療を行っていません。審美目的の治療を取り扱っているのは、診療科目として美容外科を標榜している医療機関だけになりますので、注意する必要があります。先ほど、メスを用いないで治す方法が主流になりつつあると述べましたが、具体的には、下まぶたの裏側に穴を開ける方法や、高周波を照射する方法、注射を打つ方法、特殊な糸を用いる方法などがあります。クリニックによって採用している治療方法に違いがありますので、自分が希望する治療方法を採用しているクリニックを選んで利用する必要があります。