二重になる方法

美容外科で二重整形手術は人気が高く、そのため手術方法も多種類存在します。二重整形を希望する人でも、ただ二重になればいいというのではなく、いろいろな好みがあります。その好みに、患者の皮膚の厚さや脂肪の厚さが関係してきます。大きな目で平行二重まぶたとよばれるものにしたい場合、目頭のもうこひだが少なく皮膚が薄い人には、埋没法で手術が行われます。まぶたの裏側で何か所かとめることで二重が完成します。脂肪が厚い人の場合には、全切開という切って縫い合わせる手術と目頭切開を同時に行います。 好みの二重が切る手術でないとできない場合、二重のラインを変えて埋没法で行うこともできます。目頭切開は手術を受けたいと思ったときに受けることができるので、好みのラインではなく似合うラインを探し埋没法で二重にしてみることも選択肢の一つです。

二重の整形は老若男女、幅広い層に人気があります。一重に悩んで二重にしたいという女性や男性はもちろんですが、加齢によってまぶたがたるんできた人にも、まぶたの手術と同時に二重整形を行うことができます。またもともと二重ではあるけれど、はやりのぱっちりとした大きな目にしたいという人も二重整形手術を受けることは可能です。その時に目頭切開を同時に行うと、さらにぱっちりとした目になります。 二重整形は若い人に人気がありますが、クリニックでは10歳から12歳程度の年齢から手術に応じているところもあります。もちろん親の同意が必要ですが、まぶたの成長は終わっているので、医学的に問題はありません。悩んでいる子供と親が話し合い、親の同意があれば、12歳前後の子供から二重整形手術を受けることができます。